坊ちゃん

夏目漱石没後100年ということで「坊ちゃん」読んでみました。
なんとなくあらすじは知っていましたが、なんだか拍子抜けです。

はっきり言って、面白くないですよ。
漱石じゃなかったら、ボロクソじゃないですかね。

ここから「こころ」が生まれるとは意外な気もします。

2016年12月12日 | Posted in books | | 2 Comments » 

関連記事

コメント2件

  • あらいさえこ より:

    初めてコメントいたします。
    今年はchiiannさんに出会うことができて嬉しい年でした。
    スタイル・ガレさんのランプシェードは以前から好きだったので、実際にお店で観ることができ、お忙しい藤牧さんに制作して頂きました。素敵な空間・・・非日常の美味しい時間をまたいただきに行きます。

    漱石没後100年・・・私は<こころ>を読み直しています。これ以外はあまり読む気がしないというか、漱石といったら<こころ>で・・・私の中の珠玉の一冊というものなので(主観!)。
    でも小説は人間を毒する要素もあるそうなので、若い頃と違って客観的に読む(ちょっとのゆとりを持つ!)ようにしています。

    素敵な武田さんご夫婦にまた会いにいきますね。
    信州の冬・・・ご自愛ください。
    (私は今・・・風邪ひきの真ただ中です)
    50歳過ぎると治りが遅い・・・哀しい!

    • 武田 健 より:

      あらいさん

      こちらこそ、いつもありがとうございます。
      「坊ちゃん」には肩透かしにあいましたが、
      「こころ」はぐっときますよね。

      ここ、二、三日は松本もすっかり真冬ですね。
      風邪を治して、またゆっくりおいでください。


      武田 健

  • 武田 健 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です